マーケティング・インテリジェンスを強化する「秤」

マーケティング・アナリスト支援

業務委託のマーケティング・アナリストとしてブランドの重要な意思決定を支援します。

 

「確率思考の戦略論」で紹介された確率モデルと因果推論の分析を組み合わせて、競合ブランドのコミュニケーション構造を可視化する独自の分析法(2024年5月にPCT特許出願済み)や10年以上取り組んで来たMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)などの分析技術を駆使し、投資判断など、上流の意思決定となるロバスト(頑強または堅牢)なマーケティング戦略を導くことで、ブランドの成長に貢献してきました。

 

組織の「マーケティング・インテリジェンス※」のリテラシーを強化することが弊社が手掛けるプロジェクトの主なスコープです。

 

※「マーケティング・インテリジェンス」とは市場のニーズや嗜好(しこう)の変化、動向を測定し、将来の市場規模やその特徴に影響をおよぼしそうなビジネス環境の変化を評価するプロセスのことです。